和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラベンダー

私が一番好きな花はラベンダーです。



学生時代に初めて訪れた富良野で出会い、
色も姿も香りも全て、すっかり虜になってしまいました。

「私の人生最期の日には、祭壇をラベンダーの花一色で飾って欲しい」
と周りに伝えています。(たぶん無理だと思いますが^^;)

ちなみに、ラベンダーの学名(Lavendula)は洗うという意味の「Labo」、
青みがかった鉛色という意味 の「Liveo」から来ています。
古代ギリシャ、ローマ人が入浴時に芳香を楽しんでいたそうですが
日本の歴史はまだ浅く、昭和30年代に化粧品の香料の原料として
南仏プロヴァンスから取り寄せた苗を植えたのが始まり。

日本のラベンダーは今や誰もが知る「富良野のラベンダー畑」
富良野のファーム富田のオーナー、
富田忠雄さんが、まさに命を掛けて築き上げた賜物です。

何度も廃業を考えながら、それでもラベンダーを愛する気持ちを
決して捨てなかった富田さんの思いがなければ
この美しい風景は日本に無かったのです。

00.jpg



そして、富良野ラベンダーのルーツ、南仏プロヴァンスの絶景。
この景色を見たらもう何も思い残すことはないかも・・
まさに楽園。

ラベンダー畑



ラベンダーは元々、香料の原料として育てられた植物ということもあり
食用にはあまり使われませんが、ハーブティーにすると
その香りと色で心が落ち着きます。

アロマテラピーにおいて、ラベンダーは「精油の女王」
鎮静、鎮痛、殺菌、消毒、虫除けとあらゆる効果があり
旅先で眠れない時に枕元に1滴、アロマオイルを垂らすだけで
気持ちが落ち着き、安眠へ誘ってくれますよ。
頭痛の軽減も期待できます。

ラベンダーとひと言で言っても、その種類によって
成分がかなり異なりますので
アロマテラピーのために精油を買うのであれば、まずは
「真正ラベンダー(ラベンダートラディショナル)」を購入しましょう。

アロマオイルに含まれている酢酸リナリルという鎮静作用のある成分が
基準を超えているもののみ「真正ラベンダー」と言われています。
つまり、酢酸リナリルが癒しの成分なのです。


いざという時のラベンダー。
クリームや化粧水もラベンダーのアロマオイルで作っています。

私の中では無くてはならない存在になっています。
ラベンダーキャンドル

Comment

ウサラビ says... ""
富良野・・・一番行ってみたいです!
実際見ると圧巻なんでしょうね。
ラベンダーの花もほんと可憐で可愛いです。
でもシャキッとしていて・・・
まるでみゆきさんみたい(^-^)
ラベンダーのキャンドルも素敵ですね!
ふつうのキャンドルに 周りにラベンダー並べても
温められて香りが漂いそうですね。
2012.10.31 13:03 | URL | #- [edit]
土橋みゆき. says... "Re: タイトルなし"
富良野、美瑛の丘は最高ですよ!
パッチワークみたいになっていて彼方まで広がって・・・・・
これが日本の景色なのかと驚かされます。

あ、私は全然シャキッとしてないですよ(汗)
いまも、思い切り猫より猫背です~^^;
でもラベンダーをみてると、気持ちもシャキッとしますよね。

風に揺れてる姿が大好きです。

2012.10.31 14:25 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。