和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どくだみのチンキを作りました。

ナチュラルフードコーディネーター、JHF認定和ハーブインストラクター、和ハーブコーディネーターの土橋みゆきです。

最近、みなさんのお家の近くで、今、こんな光景をみかけませんか?
そう、どくだみの花です。

今が見頃。

どくだみ
花は、この白いところではなくて、黄色い所です。

さてさて、庭や住宅のちょっとした空き地に群生し、ちょっとした「厄介者」になっている、どくだみ。
実は、昔から日本人の健康を維持するために、とても役立っていた和ハーブなのです。

生薬名は「十薬(じゅうやく)」
ひとつで、十の効き目があると言われていたのです。

どくだみ茶はデトックス効果があり、身体の老廃物を排出してくれるので血液はサラサラに。
腸内環境も改善してくれます。
また、ニキビなどの吹き出物対策や、高血圧、生理痛にも良いとされている他
葉をちぎって、蚊に刺された所に、スリスリとすりこんでも効果があります。
まさに万能和ハーブ\(^o^)/

私は毎年、チンキ剤を作っています。

チンキとはハーブをアルコール液に浸けて、有効成分を抽出したもの。
ハーブが持っている、水溶性、脂溶性どちらの有効成分も溶け込みます。
(アルコールは無臭蒸留のウォッカ、ホワイトリカーなど)



作り方は簡単!

1.どくだみの葉っぱをちぎってよく洗っておく

2.煮沸消毒したガラス瓶にどくだみの葉っぱを8分目まで入れる。

3.アルコール(私はウォッカをつかいます)を瓶の9分目くらいまで入れて一ヶ月ほど冷暗所に置く。

4.葉っぱを取り出したら、出来上がり。

今回は花の部分も別にチンキにしました。

出来上がったら、入浴剤に、希釈して化粧水に、虫除けスプレーに♪
私にとって、昨年の大火傷から助けてくれた貴重な存在です。
今年も塗り続けます。

チンキ剤は色々なハーブで作れますよ^^
ハーブティーよりも少量で、効能は高く得られます。
また、どくだみの場合、チンキにすると特有のにおいは無くなります。

どくだみを厄介者と思っていても
この効能がわかった瞬間、宝の園に見えてしまうという・・
世界観が変わってしまうのです。
それってとても素敵なことだと思いませんか?

IMG_0243.jpg

どくだみの葉っぱ、ハートの形をしているんですよね^^可愛い。
実は植物はその葉の形状で効能のサインを出しているとも言われていて
どくだみには心臓病の予防にも良いとされているのです。

学名もハートに由来してるそうですよ。

ドクダミ
ドクダミ科ドクダミ属
学名: Houttuynia cordata


ただし、どくだみは高成分のカリウムを含んでいるので腎機能に問題のある方はご使用できません。
また、体を冷やすので、お腹が冷えた時も止めておきましょう^^


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。