和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏のてしごと「塩レモン」づくり

ナチュラルフードコーディネーター、JHF認定和ハーブインストラクター、和ハーブコーディネーターの土橋みゆきです。

今日から二十四節気の小満(しょうまん)になります。
万物がの命が天地に満ち始める頃という意味。

「なつかしき 色ともなしに 何にこの 末摘む花を そでにふれけむ」
源氏物語 末摘花より

末摘花とは紅花のこと。
小満に入ると、かきつばたや紅花、バラの花が美しく咲きます。
(バラの花は外来種と思われがちですが、万葉集にも2首登場します)

新緑が雨に濡れると、色が一層鮮やかになりますね。
これも命が育っているというとうこと。
出かけなくて、じーっと木々のゆらぎを見ていたいと思ってしまいます。

そうはいかないのですが・・(笑)

さて、小満パワーにあやかり、今日は来月に使える調味料づくりをします。

そろそろ、スーパーの店頭に梅酒用のリカーやボトルが並び始めました。
梅はもう少し先なのかな。


はい!塩レモン♪
モロッコ料理でよく使われる調味料なのだそうです。

日本でも最近はよく聞かれますよね。

IMG_0173.jpg

一度に大量に作ればいいのですが、私は小分けにしてリスク回避します。
(万が一カビが生えた時とか、ショックなので)

来月はきっと梅雨真っ盛り・・
そんな時にこのサッパリ万能調味料があれば
ちょっと嬉しくなりますよね。



★★★レシピ★★★

<材料> 500mlボトル用

国産レモン・・・2個
粗塩・・・30g
耐熱ガラス瓶

<作り方>

1.耐熱ガラス便を煮沸消毒してよく乾かしておく。

2..レモンはよく皮を洗ってから、くし形に四等分する。

3.1.にレモン、粗塩を入れて、冷暗所で一ヶ月ほど置く。

4.その後は使いながら冷蔵庫で保存しておきます♪


今回は愛媛のレモンと瀬戸内の粗塩にしました。
瀬戸内スペシャルが楽しめるのは来月の終わりから。

ケータリングの調味料に使おうと思っています。
まだ、メニューが決まってないけど(^_^;)

時間がある時に、少しずつ夏の準備。
梅酒にらっきょう・・
昔の人はこの時期から出てくるもので夏に備えるという知恵を
知っていたんですよね。






o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ウサラビさん
の和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。