和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸くて優しい「京風雑煮」

お雑煮って全国各地色々な作り方があるんですね。

あんこの入ったお餅を食べるところや
お野菜をたくさんいれるところ

それぞれの土地の思いや願いがこもっているものも多いのです。

お餅は古代より、お正月になると無病息災を祈って
神様にお供えをしていました。
新しい年を家族みんなで健康に過ごしたいという思いは
昔も今も変わらないのですね。

お雑煮の歴史はおそらく室町時代頃、
武士の食卓で食べられていたということです。

地域によって様々なお雑煮。
今回は京風をアレンジして作ってみました。

本格的な京都のお雑煮とは多少違っておりますので
ご了承下さい。

s_IMG_7707.jpg


★★★レシピ★★★
<材料>
丸餅・・紅白各1個
大根・・適量
金時人参・・型に抜いて4枚程度
出汁・・350ml
合わせ味噌・・約20g
白味噌・・・約50g(お好みで)


<作り方>
1.丸餅を予めオーブントースターで膨らみ過ぎない程度に数分あたためておく。
 (焼き餅にならないようにご注意下さい)

2.大根を拍子切りに、金時人参は型に抜いておく。

3.出汁をお鍋で沸かして、沸騰したら大根と人参を入れる。

4.大根に火が通ったら、丸餅を入れる。

5.4.の火を止めて、お味噌をといたら出来上がり。
 お好みで三つ葉を飾っても彩りがキレイです。


白味噌だけで作ると、慣れない人は甘いという声も多く
合わせ味噌とブレンドをしました。
また全体に角が立たないように丸く具材を切るのですが
大根は拍子切りにしました。

京都のお雑煮はこれにかつお節を盛っていただきます。


紅白の丸餅は見ているだけでも可愛いですね。
最近は東京のスーパーでも見かけるようになりました。

角が立たないように・・と関西では丸いお餅をいただきます。
この形を見ているだけで、気持ちが穏やかになる気がします。




o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
ウサラビさんの和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.




ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。