和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼いてもサッパリ「和ハーブ餃子」

餃子が食べたいけど、ちょっと重いかも・・という時。

あなたは、餃子を諦めますか?

それとも、無理をして食べますか?


私は諦めません!(笑)

でも無理もしません。

和ハーブをふんだんに使った餃子でサッパリ食べると
ヘルシーでいくらでも食べられちゃいます(^O^)

今回は鶏挽肉を使いますよー。

s_IMG_6674.jpg

★★★レシピ★★★
<材料> 餃子20個分

鶏挽肉・・・約300g
胡椒・・・適量
塩・・・ひとつまみ
小麦粉・・・大さじ1
醤油・・・大さじ1
青しそ(細かく刻む)・・5枚
おろし生姜・・・小さじ1

餃子の皮・・・20枚

★タレ
茗荷・・・1個
三つ葉・・5本
醤油・・大さじ4
酢・・・大さじ4
おろし生姜・・小さじ1
梅干し(細かくたたいたもの)・・1個分

油・・・大さじ1
小麦粉・・小さじ1
水・・・150ml


<作り方>
1.鶏肉をフードプロセッサーにかけて滑らかにする。
 フードプロセッサーが無ければよく捏ねる。

2.1.に胡椒、塩、醤油、小麦粉、醤油、刻んだ青しそ、おろし生姜を混ぜてさらによく捏ねる。

3.餃子の皮に2.を包む。

4.フライパンを温めて油を引いて、いったん火を止めてから3.を並べて入れる。

5.4.に火を入れて水150mlに小麦粉を入れて溶かしたものを回し入れて蓋をする。

6.中火で蓋をしたまま数分火にかける。

7.蓋を開けて強火にし、水分を飛ばして焦げ目をつける。

8.★タレの分量から三つ葉と茗荷を除き全部混ぜる。

9.餃子をお皿によそって、刻んだ三つ葉と茗荷を乗せて出来上がり。

IMG_6677.jpg

餃子のパリパリ感を楽しめるし、サッパリとそしてカロリーも控えめなので
オススメですよ。
ポン酢で食べてもイケます!

ぜひぜひお試し下さい^^




o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
ウサラビさんの和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.




ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。