和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧白洲邸「武相荘」にて。

旧白洲邸「武相荘」のギャラリーで一目惚れして、すぐ購入しました。

何だと思いますか?
小さな石?穴が三つ開いています。
IMG_8799.jpg


正解は野花を飾るもの。
IMG_8821.jpg
可愛いでしょ。


親指ほどの小さな草木でも立派なテーブルフラワーになります。
IMG_8815.jpg
野花ほど季節を伝えられる植物はないと個人的には思っています。


「武相荘」は白洲次郎・正子ご夫妻が戦時中から約半世紀を過ごした邸宅。
養蚕農家を改築し、ひとつひとつにこだわりをもって作られました。

現在は記念館・資料館となりご長女の牧山桂子さんが館長をされていて
ご自身が育った家をそのまま守り続けて下さっています。

まず私たちを出迎えてくれるのは、門の前のガレージにあるPaige Fleetwood Six-38
IMG_8589.jpg
白洲次郎さんが中学の時に、父親から買い与えられて乗り回していたのと同車種だそうです。
私が中学の時はチャリを乗り回しているだけでしたよ^^;凄いですね。


ここが茅葺屋根の母屋の入り口。
鎌倉時代の常滑大壺に大胆に飾られた季節の花々が出迎えてくれます。
IMG_8594.jpg


母屋内は撮影禁止ですが、そこには実際に使われた食器や調度品
国立なんとか博物館・・・みたいなところで見られるような
素晴らしい美術品も数々。

後で考えてもビックリ・・でした(笑)

この縁側に、吉田茂元首相も腰を掛けられたのでしょうか。
IMG_8597.jpg

時が止まったままの緑。
IMG_8606.jpg

庭にある、この室町時代の石塔の下に、正子さんは次郎さんの遺髪を埋められたそうです。
IMG_8633.jpg

鈴鹿峠と名付けられた敷地内の小高い丘。静かに時が流れます。
IMG_8644.jpg



「カントリー・ジェントルマン」
白洲次郎さんは、戦争中にこの農家を買い取って、同時に農業にも勤しみます。
そして、何かあった時には武相荘から中央へ出ていました。
マッカーサーに会いに行く時も、吉田茂元首相に会う時も
この門をくぐって出かけて行ったのですね。
IMG_8609.jpg



初めて訪れた私を優しく迎えてくれた「武相荘」の優しい空気にホッと癒されたひとときでした。
IMG_8596.jpg


IMG_8667.jpg
次はいつ行こうかな。



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。