和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和ハーブ「チャノキ」

「チャノキ」はツバキ科の常緑低木。
古くから日本で栽培され、親しまれてきた和のハーブの一種です。
そうなんです。緑茶こそ昔から飲まれているハーブティーなんですよ^^

今回は和ハーブ協会で入手した、「チャノキ」を飲んでみました。
これは滋賀県と岐阜県の県境にある、伊吹山の野生のものです。



伊吹山は植物の北限と南限の境目で周囲に高い山がなく
お花畑が広がる石灰岩質の山。

織田信長がポルトガル人に薬草を植えさせたと言われていて
なぜかポルトガル原産のハーブが生息しているのだそうですよ。

この周辺に住人は、昔から和のハーブとともに共存し
生活に取り入れているそうです。

かなり興味津々のエリアです。



IMG_1847.jpg


これが朝露を受け、崖に根を下ろしワイルドに育った野生のチャノキ。
IMG_1854.jpg


栽培されているお茶とは違って、枝も入っていて、葉だけじゃない
木の香りも豊かに感じます。
野生のお茶というとちょっとワイルドな味なのかなと思ったら
実にまろやか♪

なんだか懐かしい味がしました。

IMG_1918.jpg


伊吹山、行ってみたいなー。



ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)

にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。