和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しば漬けとエノキのマヨサラダ」

「え、お漬物をサラダに?」
と最初、皆に驚かれる一品。

しば漬けと言えば、白いご飯の友のイメージが強いですが
偶然、マヨネーズがかかってしまったしば漬けを
食べたら美味しかったので(どんな偶然だ(笑))、
ちょっとアレンジして作ってみました。

しば漬けは「すぐき」、「千枚漬」と並ぶ、京都三大漬物の一つ。
なすと紫蘇に塩を入れて、樽の中で熟成させた自然乳酸発酵食。
腸内環境にもとても良いのですが
それだけでなく、色付けに使われる和ハーブ、赤シソは
青シソ(大葉)同様の抗菌作用に加えて、この色の源!
そう、ポリフェノール効果が大きいのです。

ポリフェノールは言わずと知れた、若返り!の源。
抗酸化作用、アンチエイジング効果に良いとされる
ポリフェノールがほぼ赤ワインと同じくらい含まれているのです。

お酒が苦手な方は、是非、しば漬けで「いい女」を目指しちゃいましょう♪





★★★レシピ★★★

<材料>2人分

しば漬け・・・大さじ3
えのき茸・・・1/2束
わかめ・・・10~20g
ゆず皮・・・適量
青ネギ(小口切り)・・適量

マヨネーズ・・・大さじ1
醤油・・・小さじ1
ゆず果汁・・1/2個分


<作り方>
1.えのき茸は半分の長さにして、熱湯でさっと茹でてザルにあけて水気を切ります。
2.しば漬けを1~23cm、わかめを2cm程度の長さ、ゆずの皮はみじん切りにします。
3.1.と2を和えます。
4.マヨネーズと醤油を混ぜて、3に混ぜて仕上げに柚子の皮と青ネギを飾って出来上がり。


しば漬けの酸味がほどよくまろやかになりますので
白いご飯にもお酒のおつまみにも合います。
お酒を飲んでる父親の横からおつまみを奪い取っていた
幼少期を思い出しました(笑)
大人も子どもも食べられる簡単メニューがあれば
作る側も助かりますよね。

ゆずの香りが優しく食卓を包みます^^




ランキングに参加中。ポチッと応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)

にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。