和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銅板土鍋で美肌「きりたんぽ鍋」

秋田ってキレイな人が多いですよね。
肌もつるつるのおばあちゃまも多いそうですよ。
羨ましいですよね。

なぜ、美しいのか。

日照時間が少なかったり
雄物川の流れから来る湿気が肌に良いのだとされたり
色々な説がありますが

私は食生活と肌の関係は切り離せないと思っています。

秋田の名物と言えば「きりたんぽ

材料には
和ハーブセリ」がたくさん入ります。

また、ごぼうは西洋ではハーブの仲間。
野菜として食べられている国は少ないのです。

活性酸素の毒性を消す酵素であるペルオキシターゼや
抗酸化作用のあるセレンというミネラルも豊富なので
アンチエイジング効果も期待出来ますね。


今回は陶板土を使いました。

スープは少なめですが、味がじっくり染みて
ふんわりした出来上がりになります。

IMG_1229.jpg


★★★レシピ★★★

<材料>2人分

具材
 鶏肉・・・300g
 ごぼう(ささがき)・・・1/2本
 セリ・・・1束
 舞茸・・1パック
 ねぎ(斜め切り)・・・1本
 結び白滝・・4個
 きりたんぽ(2~3等分にする)・・・3本

スープ・・・
 鶏ガラスープの素・・大さじ1
 濃口醤油・・・30ml(お好みで)
 料理酒・・・大さじ2
 塩・・・ひとつまみ 
 水・・・500ml

<作り方>
1.に水を入れ、沸騰したら
 他のすべてのスープの材料を入れます。

2.結び白滝、ささがきにしたごぼう、舞茸を入れて3分ほど煮ます。

3.次に、鶏肉を入れて火が通るまで煮立たせたら
 きりたんぽとねぎを入れて陶板土の蓋をして3分弱火で煮立たせます。

4.きりたんぽに味が染みたら、適当な大きさに切ったセリを入れて
 蓋をして2分火を入れます。

5.3分程度、蓋を蒸らして出来上がり。


セリは煮過ぎると水溶性の美肌ビタミンのビタミンCが溶けだしてしまい
味や栄養分を損ないますので、火を入れ過ぎないようにしましょう。


セリの茎や葉を乾燥させたものを、生薬で水芹(すいきん)といいます。
煎じて服用すると、食欲を増進させてくれる他、
解熱や神経痛、黄疸、リュウマチにも効果があるとされています。


ヘルシーで栄養価も高いきりたんぽ
心も体もじっくりと温めましょうね。




o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
ウサラビさんの和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)

にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。