和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「三つ葉でジェノベーゼソース」

ナチュラルフード・コーディネーター、JHF認定 和ハーブコーディネーター、和ハーブインストラクターの土橋みゆきです。

今日は和ハーブ「三つ葉」を作った簡単美味しいメニューのご紹介です。

三つ葉にはミツバエンと、クリプトテーネンという香り成分があり
この成分には、気持ちを落ち着かせてくれる作用があると言われています。

確かにお椀に乗った三つ葉の香りにホッとすることがあります。
また、カロテン、ビタミンCが豊富なので、風邪予防、免疫力アップにもなります。
そして、肌荒れにも良いし、目の疲れも取ってくれるという優れもの。

こんなに凄いのに、三つ葉がお椀の飾りに使われるだけなんてもったいなーい。
ということで、今回はこの三つ葉を使ってジェノベーゼを作ってみました。
私のお料理教室でも、とても評判の良い一品で
ご家庭料理の定番になったという方も^^

結構色々使えますので、ぜひお試し下さい。


IMG_8576.jpg



★★★レシピ★★★
<材料>
三つ葉・・・一束
松の実、またはカシューナッツ・・大さじ2
塩・・・ひとつまみ
オリーブオイル(エクストラバージン)・・60~70g
ブラックペッパー・・適量
にんにく・・一片

<作り方>
1.三つ葉を3センチ位の長さにざっくりと切っておく。
2.松の実、またはカシューナッツをフライパンで軽く煎る。
IMG_8572.jpg

3.フードプロセッサーに三つ葉と2,塩、ブラックペッパー、にんにくを入れて軽く混ぜる。
4.オリーブオイルを少しずつ入れながらフードプロセッサーで細かくしていく。
5.全体がソース上になったら出来上がり。

(お好みでパルメザンチーズを大さじ2程度加えても美味しいです)


パスタはもちろん

ピッツァのソースにもどうぞ^^

ちなみにこれは塩麹豆腐のピッツア♪
20140125_061049371_iOS_201402270805314b4.jpg

塩麹豆腐のレシピはこちら>>

乳製品を使っていません^^
ピッツアの皮はなんと、餃子の皮(笑)
だから、ご家庭で簡単に作れちゃうのです。

IMG_8584.jpg

スナック菓子を食べるよりも
これだったら全然罪悪感なく食べられるという声も(笑)

お子様が学校から帰ってきたら自分で作りますという方もいました。

是非是非、皆様もお試し下さいー!


冷蔵庫で4,5日保存可能です。
IMG_8587.jpg




o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ウサラビさん
の和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

スポンサーサイト

わけあって「アーモンドミルクプリン」

ナチュラルフード・コーディネーター、JHF認定 和ハーブコーディネーター、和ハーブインストラクターの土橋みゆきです。

アーモンドミルクはその栄養価の高さからも
今、とても注目を集めています。

私は元々牛乳が飲めないのでありがたい存在(笑)

なんたってビタミンEが豊富なのでお肌に良いのですよ。

以前にブログでもアーモンドミルクを使ったドリンクを2種ご紹介しました。

http://dobamiyu.blog.fc2.com/blog-entry-221.html

http://dobamiyu.blog.fc2.com/blog-entry-230.html

そして、今回はプリンに♪


実は、今回のアーモンドミルクは・・・

色々ありまして・・・

私が間違って持って帰ってしまったのです(反省)


そのお話は最後にしっかりさせていただきますので。

まずはレシピを^^;


IMG_8550.jpg



★★★レシピ★★★
<材料>
アーモンドミルク・・・200ml
(作り方はこちらを御覧ください)
http://dobamiyu.blog.fc2.com/blog-entry-221.html

ゼラチン・・5g
バニラエッセンス・・小さじ1
お砂糖・・・30g

飾り用
タチバナの皮、クコの実、緑茶の粉・・適量
(これはお好みで)

<作り方>

1.アーモンドミルク50mlを40度位に温める。

2.1.に粉ゼラチンを入れてふやかしておく。

3.残りのアーモンドミルクにお砂糖、バニラエッセンスを入れ
 沸騰直前まで温める。

4.3.と2.を混ぜて、型に流し入れて冷蔵庫で1時間程度冷やして出来上がり。

今回は、貴重な和ハーブ、タチバナを添えてみました。

タチバナは日本固有の柑橘。
万葉集でも多く詠まれている歌があります。

そして彩り良く、お茶をふりかけて♪



さて、お待たせいたしました。


このアーモンドミルクで私がなぜ反省をしているのか
お話をしましょう。




実は先日、お友達のじゅんさんのサロンの石けん講座を受けたのですが
その時のテーマが
「アーモンドミルク石けん」

その時にKaoriさんが持ってきて下さった手作りのアーモンドミルクを使って
石けんを作ったのです。いえぇい(^_^)v

その時作った石けんがこれ・・

IMG_8543.jpg


只今熟成中です。
使えるのは一ヶ月後。


ルンルン気分で家に持ち帰った石けん。
エプロンやゴム手袋を洗おうと思って出したら

なんと・・・

今日使ったアーモンドミルクの残り分を


ワタクシ
持って帰ってしまったのです。

がーーーーーん。

石けんアーティストの渚さんがそれで石けんを作ると
言っていたのに。。


そう言えば、この間のお講座でも
キッチンスタジオのおろし金を間違えて持ち帰ったのだった。

忘れ物しないようにしましょう・・じゃなくて
持ち帰りしないようにしましょう。。。

が私の教訓になりつつあります。





そして、このプリンをそのアーモンドミルクで作らせて
いただいた次第です。


ありがとうございます。
ごめんなさい。

本当にごめんなさい。



ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

キャビアみたいにプチプチ♪「とんぶりエッグ丼」

ナチュラルフード・コーディネーター、JHF認定 和ハーブコーディネーター、和ハーブインストラクターの土橋みゆきです。

私、とんぶりが大好きなんです。

季節を問わず、年中たべられるのが嬉しい所。

なーんにも無い時にもお助けアイテムになる一品。
ホウキソウの実を加工したもので
プチプチの食感が似ていることから「畑のキャビア」と言われていますが
レモンを絞って、クラッカーに乗せたら、本当にわからなかった人もいました(笑)
(というか、キャビアをあまり食べたことがない(笑))


さて、このキャビア、とんぶり・・を使って簡単丼はいかがですか。
私は朝ごはんで食べちゃいます^^




★★★レシピ★★★
<材料>1人分
とんぶり・・・大さじ2
卵・・1個
ミニトマト・・1個
わさび菜・・適量

ご飯・・丼一杯分

マヨネーズ・・・約大さじ1
醤油・・小さじ1


<作り方>
1.卵を温めたフライパンに溶いて入れ、スクランブルエッグを作る。
2.ご飯を丼によそって、卵、とんぶり、ミニトマト、わさび菜を飾る。
3.マヨネーズと醤油をかけて出来上がり。


あら、簡単(笑)

ちなみにホウキソウは元々は生薬として日本で使われていたそうです。

IMG_8519.jpg

昨日の夜、殆ど食べないで寝ちゃったから
夜中からなんだかすごく気持ち悪くて
まぁ、つまりはお腹が空いていただけなんだけど・・

ふわっとした卵の食感と、とんぶりのプチプチをマヨ醤油がまとめ上げ
それはそれは美味しゅうございました。

さーて、今日も一日頑張ろう!と
思える一品です。

あ、もちろん夜にいただいても美味しいですよ^^



o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ウサラビさん
の和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

雨水の暦ご飯「十六穀の焼きおにぎり」

ナチュラルフード・コーディネーター、JHF認定 和ハーブコーディネーター、和ハーブインストラクターの土橋みゆきです。

二十四節気の「雨水」に入りました。
空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になり、草木が芽生える頃。
古くから農耕の準備を始める目安となっていました。

そんな雨水の暦ごはんは、雨に、土に、太陽に、水に、
そして穀物に感謝した十六穀米の焼きおにぎり。

大地の恵み、パワーが伝わります。

IMG_8504.jpg

★★★レシピ★★★
<材料> 2~3人分
米・・・2合
十六穀米・・大さじ1
水・・・360cc

塩・・少々
味噌・・大さじ1
醤油・・大さじ1

その他、しその葉等緑色の葉

<作り方>
1.お米に十六穀米を混ぜて30分水に漬ける。

2.土鍋の場合は中火で約13分(土鍋によって違うので注意してください)
 炊飯器の場合はそのままスイッチオン!^^

3.炊きあがったら塩を手につけて通常のおにぎりを作る。

4.半数のおにぎりは味噌を両面に、残りの半数は醤油をかける。

5.フライパンで両面を中火で焼いて出来上がり。

6.青しそなど、緑色の葉物を飾ると彩りが鮮やかになります。


IMG_8503.jpg

素朴なご飯ほど、美味しい!
年のせい?(笑)

大地が潤い、暖かくなり、春がくるのが本当に待ち遠しくなります。





o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ウサラビさん
の和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

アレンジ♪舟和の芋ようかんで「焼き芋羊羹」

大好きな舟和の芋ようかん♪

浅草で買ってきてもらったので早速一切れいただいたのですが

ちょっとまったー!

そうなんです、今、新しい芋ようかんの食べ方が流行っているそうなんです(笑)



和の芋ようかんを洋に。

舟和さんの経営するカフェでもメニューにあるそうですよ。


ということで、今回は
贅沢にも舟和の芋ようかんをアレンジしてみました。

IMG_8496.jpg

★★★レシピ★★★
<材料>3~4人分
芋ようかん・・・6本~8本
バター・・・10gくらい

シナモン(お好みで)

<作り方>
1.芋ようかんを半分にカットしておく。

2.フライパンをあたためてバターを入れる。

3.バターが溶けきらないうちに、1.の芋ようかんを入れる。

4.両面に焼き目が付く程度に焼いたら出来上がり♪



これは舟和さんのウェブサイトから拝借した正統派「芋ようかん」のお写真

imoyoukan2011.jpg

この芋ようかんが

こんな感じに。

IMG_8490.jpg



お好みでシナモンやアイスクリームを乗せても美味しいです。


表面のパリパリと中のほっくりが何とも言えない!

美味しいですよ♪


そして、
IMG_8472.jpg

またまたキッチンソープを作りました。

これも美味しそうでしょ?(笑)



o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ウサラビさん
の和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

土鍋で「鯛のアクアパッツァ」

ナチュラルフード・コーディネーター、JHF認定 和ハーブコーディネーター、和ハーブインストラクターの土橋みゆきです。


先日行ったイタリアンのお店でアクアパッツァを食べたら
自宅でも食べたくなり、魚屋さんに直行!

東京は大雪の影響で道路が凍っていたりして大変なのですが
作りたくなったら、じっとしていられない私は
まるで漁に出るように魚を確保することだけを考え
ドアを出ました。

「無事でね」

と背中から声が(笑)

「おぅ、今日は大漁だぞぉ」

魚さん、いいのがあるのかなー♪
と思っていたら

ラッキー!ありました!

血鯛という鯛が激安。

名前がちょっと生々しいと思いつつも
真鯛とすごく似ているので
味もきっと確かだと信じ

腹開きにしてもらって帰宅の途に。

お魚を丸ごとで買うのは久しぶりでした。
そういえば、昔はこういうのが普通だったんですよね。

昭和を省みながら、転ばないように注意(笑)

それにしても凄い雪。
IMG_8412.jpg

さぁ、アクアパッツァを作りましょう!

IMG_8447.jpg

★★★レシピ★★★
<材料>4人分
鯛・・・・2匹(腹開きにしたもの)
あさり・・1パック
ミニトマト・・10個(半分に切る)
蕪・・・大1個
蕪の葉・・1個分
にんにく・・・1片
オリーブオイル・・大さじ1


三つ葉・・5本程度
イタリアンパセリ・・3本程度

薄口醤油・・小さじ1

胡椒・・適量

白ワイン・・・50ml
コンソメスープ・・50ml

海塩・・ひとつまみ


<作り方>

1.鯛をペーパータオルでよく吹いておく。

2.にんにくをみじん切りに、蕪を銀杏切りにする。

3.陶板土鍋をあたため、にんにくを入れた後に鯛を入れる。

4.続けて、蕪、ミニトマトを入れる。

5.白ワイン、コンソメスープ、胡椒、塩を入れて蓋をして中火に15分かける。

6.一度蓋を開けて、蕪の葉を適当な大きさに切ってから鍋に入れ、さらに5分蒸らす。

7.蒸らし終わったら2センチ程度にカットした三つ葉とイタリアンパセリを盛って出来上がり。

IMG_8456.jpg





今回はウサラビさんの銅板土鍋を使っています。
普通の土鍋やタジン、もちろんフライパンでも作れますよ!
s_IMG_8419_20140216101548d29.jpg


陶板土鍋はこちらでご紹介>>


今日も5時起き。
西の空は出窓から見えた満月がキレイでした。

美味しい食材、美しい景色。
毎日が感謝です。

IMG_8459.jpg





o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ウサラビさん
の和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

女子力UP!「食べられる美肌薬膳茶♪」

ナチュラルフード・コーディネーター、JHF認定 和ハーブコーディネーター、和ハーブインストラクターの土橋みゆきです。

お茶は身体に良いのだけれど、葉っぱを捨てるのはもったいない・・
それで、いつも未練がましく、一回乾かして入浴剤にしているのですが(笑)

今回は料理家に相談して、ステキなレシピを教わりました。

食べられる美肌薬膳でございますわよ!
私は小袋に仕分けて、毎日飲む、いや食べることにしました。




★★★レシピ★★★
<材料>120ml程度のカップ一杯分

黒豆・・小さじ1弱
干し梅・・1/4個程度
陳皮・・少々
クコの実またはナツメ・・少々

お湯・・100ml

<作り方>

1.黒豆を逝って軽く潰しておく。(そのままでも可)
2.干し梅と陳皮を小さくちぎる。
3.ナツメを入れる場合は小さくちぎっておく。
4.お湯に1.~3.の材料を全て入れて出来上がり。

これは飲みやすいし食べやすいのでいいですね。
陳皮は温州みかんを乾燥させたもの。
七味唐辛子にも入っているんですよ^^
薬膳ではおなじみの食材ですね。

これだけなのに、パワーいっぱい。
IMG_8393.jpg


黒豆にはポリフェノールがいっぱい。
全部お肌に良いものばかりです。

やっぱり食べられちゃうというのは食いしん坊の私には嬉しいかな(笑)
IMG_8389.jpg

あー嬉しい♪美味しいお茶で幸せです。

ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



美味しそうな石けん作りました。

美味しそうに出来ましたー^^

これ、実は石けんでーす!(笑)

「イチゴの天然酵母水石けん」

IMG_8371.jpg


そうです!前にブログでもご紹介した
イチゴの天然酵母水は
石けんに使いました。

イチゴの天然酵母水レシピはこちら>>

IMG_8291.jpg


お友達のじゅんさんが、石けんを作っていて

いつも

かわいいな~

美味しそう~

と思っていたのですが、作るのは無理と決めていたのです。

でも、ある日作りたくなった・・・


それは、じゅんさんのお友達、渚さんがお料理教室の時に持ってきてくれた
キッチンソープ。

アクリルたわしはじゅんさんのお手製。

めちゃ美味しそう(笑)
1383396_582691425120270_897311343_n.jpg

植物性のものだけで作られているキッチンソープ。
市販ではあり得ないですね。

で、使ってみたら

驚き!

グラスがピッカピカになるんです!!!

早速、食に関わる友達に自慢(笑)

他の洗剤は使えません。


で、やっぱり必要に迫られて・・

作ることにしたのです。

気軽に作れるようなことを書いている書籍もありますが


劇薬も扱うので、

最初は実際にお教室等で体験されることをオススメします。

気をつけるポイントはやっぱり実際の目でね。


これは最初に作った、キッチンソープ。

和ハーブインストラクターらしく、「小豆」を使いました。

IMG_8382.jpg

小豆にはシャボンの語源といわれているサポニンが多く含まれています。
小豆をお水につけているとぶくぶくって泡が出来るでしょ。
あれです、あれです。

小豆は天然の界面活性剤でもあるんですよ。

ラテアートっぽくする方法も教えてもらいました♪
可愛いの!

お皿に入れると置いたままキッチンで使えるので
洗い物の時に便利なんです♪

IMG_8387.jpg


手作り石けんは一ヶ月、熟成します。

IMG_8377.jpg


天然酵母水の泡はまた違う感じなんですって。
楽しみだわーー。

スイーツを作る手順と似ているのですが
やっぱり緊張します(笑)


特にキッチンソープはオススメですよ。
もっともっと、食に関わる人に伝えていきたいです。


最後に。

もし、石鹸作りにご興味があれば、是非是非イベント等に参加してみてください。

私に手作り石鹸の魅力を教えてくれたじゅんさん、渚さんの

anjun美味しい石けん
http://anjun.jimdo.com/event/

で、随時、イベントのご案内があります。
参加される方、みなさんステキな方ばかりですよ^^


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


朝からごっつぁんです「鶏肉団子のみぞれ鍋」

ナチュラルフード・コーディネーター、JHF認定 和ハーブコーディネーター、和ハーブインストラクターの土橋みゆきです。

それにしても寒い!
立春からずーっと寒さが続いていますね。

でも、地面から空から、一歩一歩、春が近づいています。
昨日より今日はちょっとだけ春なんです。

朝、一番に起きてご飯を作る家庭の主婦の方も
あったかーくして
楽しい冬の終わりを楽しみましょう。

ママが火を入れてくれるから家庭が暖かくなるんですものね!

今更ながら、母に感謝します。


家族が寒いよーと起きてくる時には笑顔で「おはよう」と言えるように。
そんな事言っても寒いのは苦手・・という方は
早弁ならぬ、早朝食でちょっとだけつまみぐいをするのもプチ贅沢でいいですよ♪
(私はしょっちゅうやってまーす(笑))

しかも、今朝は割りと元気に起きたので、朝一で石鹸作って、お鍋作って・・結局まだすっぴんです(笑)
しかも外に出ています(怖い(笑))

最近、冬でも元気なんですよ。和ハーブのおかげかな。

さてさて、この鶏団子鍋、朝からあったまりますよー。
生姜とおろし大根が決め手です。

朝から胃にやさしい♪

IMG_8335.jpg

★★★レシピ★★★
<材料>4人分
鶏挽き肉・・・300g程度
おろし生姜・・・小1/2個分(半分を鶏団子、半分をだしに入れる)
小麦粉・・大さじ1
胡椒・・適量

白菜・・・1/8個
かつおだし汁・・800ml

日本酒・・大さじ1
薄口醤油・・大さじ1

おろし大根1/4本分

<作り方>

1.鶏挽き肉をフードプロセッサーにかけて胡椒、小麦粉、おろし生姜を混ぜて軽く捏ねておく。

2.鍋にだし汁、生姜、日本酒を入れて沸騰したら、適当な大きさに切った白菜を入れる

3.白菜の水分が程よく出たら、1.の鶏挽き肉を入れる直前に団子にして2.に落としていく。

4.蓋をして中火で15分ほど煮たら、火を止めて、おろし大根を乗せて出来上がり。


IMG_8315.jpg


おろし大根は鬼おろしで荒削りを刷るのがオススメです。

消化も良いので朝からたくさん食べられますよ。






o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ウサラビさん
の和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


手作り「いちごの天然酵母水」

イチゴはすっかり冬の風物詩になってしまいましたね。

小学生の時、コーラスサークルに臨時で入らされて
「いちご娘」って曲を歌ったのですが
(もうみんな忘れているだろうな・・)

♪名前はイチゴ、可愛いイチゴ。
イチゴのような恋をしたい♪

って可愛い歌詞。

でも最後が

♪名前はイチゴ、可愛いイチゴ。
イチゴのように食べられちゃった♪

だったので・・・


えーー++


何十年も経って
この「いちご娘」が気になって

調べてみたら

なんと作詞は

やなせたかし さんだった!!

ピアノのイントロも凄い覚えてる。

イチゴのようの食べられるのは嫌だけど
イチゴのような恋をしたいっていう表現
なんだか可愛いですよね。

さて、今回はこの可愛いイチゴ♪で天然酵母水を作りました。

photoichigo.jpg


イチゴの酵素をたっぷりいただきましょう。

★★★レシピ★★★
<材料>
イチゴ・・100g程度
浄水(または軟水のミネラルウォーター)・・200ml

煮沸したガラスボトル・・・1個

<作り方>
1.イチゴは洗ってヘタを取り、ざるに上げて水気を切っておく。
2.煮沸してよく乾かしたガラスボトルにイチゴを入れ、続いて水を注ぐ。
3.そのまま日当たりの良い所に置いて毎日一度は蓋を開けて、空気を入れ、中身を軽く降る。
4.4日ほどして白っぽくなりシュワシュワ状態になったら出来上がり。


これは2日目です。
水に少しイチゴの色が映った感じ。
IMG_8294.jpg


3日目。イチゴが白くなってきました。

IMG_8303.jpg


4日目です。瓶の蓋を開けるとシュワシュワ!と泡が立っていて、アルコール臭がします。
IMG_8297.jpg

隣においていてもシュワシュワーってずっと音がする。
これぞイチゴの生きている証。

IMG_8291.jpg

植物のパワーは凄いですね。


さてさて、発酵は季節によっても全然速度が違うので
これは冬バージョン。

パンに使う方はお砂糖を大さじ1加えるといいみたいですよ。




ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

美肌に、インフルエンザ対策に「刻みすぐきのタルタルソース」

ナチュラルフード・コーディネーター、JHF認定 和ハーブコーディネーター、和ハーブインストラクターの土橋みゆきです。

「ごちそうさん」できゅうりのぬか漬けを入れて
タルタルを作っているシーンがありました。


そうだなー、和のタルタル・・他で出来ないものか。

と思いながら、スーパーでウロウロしていたら目についたのが「すぐき」の漬物。
私の大好物です(笑)

“すぐき”(酸茎)の漬物は伝統的な京野菜のひとつ。
今は東京都内のスーパーでも見かけられるようになりました。


元々の発祥は上賀茂神社で栽培されていたカブの一種で
江戸時代までは内緒で作られていたのだとか。
そんなことを聞くと、なんだか高貴なお野菜に思えてしまいます^^;

さて、このすぐき、以前にも悪玉菌を倒すからお肌に良いなんて
話題にもなりましたが、最近はすぐきの漬物に含まれるラブレ菌が、インフルエンザウイルスに対する防御効果があることが判明しました。

日本では珍しい、乳酸発酵漬物なんですよ。
一体誰が考えたのか気になります。

ヨーグルトを食べるよりもひとさじのすぐき漬物!

ちょっと酸味があって、ピクルスみたい。
ん?ってことは!

そうだ、タルタルソースにしてみよう!

これ、めっちゃ美味しいです。
しかもインフル対策になるわ、お肌に良いわで嬉しい限りですよ!

IMG_8281.jpg


★★★レシピ★★★
<材料>約4人分

すぐきの漬物・・30g
ゆで卵・・・1個分
マヨネーズ・・・50G
玉ねぎ・・・1/4個
すだちまたはレモン果汁・・小さじ1程度

<作り方>
1.玉ねぎとすぐきをみじん切りにして水に晒しておく。

2.ゆで卵は黄身と白身を分けて細かく刻んでおく。

3.1.と2.をボウルに入れてマヨネーズを混ぜ、最後にすだち、またはレモン果汁を入れたら出来上がり


IMG_8284.jpg


新ジャガに乗せてはふはふ♡頂きました!
次回はカキフライにしよう!と心強く思いましたよ(笑)

IMG_8288.jpg


ちなみに。

カルシウムとの相性が良いので、しらす干しと合わせると最強の「美腸ご飯」になるそうです。
白いご飯に合いますよね。

すぐきは前から知ってたけど、ここまで身体を守ってくれるパワーがあるとは!

皆様も是非お試し下さい。
スーパーで急に思いついただけなのですが
本当に美味しかった!



o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ウサラビさん
の和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

葛粉を入れて「あったか豚汁」

ナチュラルフード・コーディネーター、JHF認定 和ハーブコーディネーター、和ハーブインストラクターの土橋みゆきです。

お味噌汁はあまり飲みたがらないのに

「今日は豚汁よ!」

となるとテンションが上がるお子様も多いようです。

不思議ですね^^

やっぱり豚肉パワーは凄い♡

豚汁の魅力はやっぱり

あったかーくなること♪

今回は少しだけですが本粉を入れてみました。
とろみはつけません。

でも、粉は腸をあたためてくれるので
免疫力アップ♪♪
なのですよ。

IMG_8244.jpg

★★★レシピ★★★
<材料>4人分

豚肉・・150~200g
大根・・1/4本(約200g)
人参・・1/2本
ごぼう・・1/2本
絹ごし豆腐・・1/2丁
ネギ
三つ葉・・適量
こんにゃく・・1/2個
ねぎ・・1/2本
味噌・・大さじ4(お好みで)
だし汁・・・4カップ
お酒・・大さじ1



水溶き粉・・粉小さじ1
        水1/2カップ

ごま油・・適量

柚子胡椒・・・小さじ1(お好みで)

酢水・・ゴボウをつけるためなので適量でOK

<作り方>

1.大根を銀杏切りに、ねぎは2センチ程度に、人参とゴボウはささがきにした後、細切りにする。

2.ごぼうは酢水につけてからざるにあげておく。

3.こんにゃくはティースプーンでこそげ取る。

4.豚肉を2センチ程度に切っておく。

5.鍋にごま油を入れて、大根と豚肉を炒める。

6.ある程度火が通ったら、人参、ゴボウ、こんにゃく、ネギを入れてさらに炒める。

7.6.にだし汁、日本酒を入れて沸騰したら蓋をして、20~30分弱火にかける。

8.7.の火を止めて、味噌を溶き入れる。

9.味噌が溶けたら10分ほど弱火にかけ、仕上げに水溶き粉を入れて出来上がり。

IMG_8248.jpg

私の最近のブームは、柚子胡椒。

七味唐辛子をかけていただくのも美味しい豚汁ですが
この柚子胡椒の辛みと風味もたまりませんよ!

あったかーな豚汁

翌朝食べても美味しいんですよね。

粉のとろみは付かなくても大丈夫。
ゆーっくりお腹で消化して
腸を温めてくれるんですよ。

これで免疫力アップ!!風邪もウィルスも跳ね除けたいですね。




o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ウサラビさん
の和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

お家バレンタイン「吟醸酒のチョコフォンデュ」

ナチュラルフード・コーディネーター、JHF認定 和ハーブコーディネーター、和ハーブインストラクターの土橋みゆきです。

街はバレンタインムード一色。かわいいパッケージがいっぱい並んでいて目移りしちゃう。
で、結局買わないで帰ってきたりして(笑)

でも、バレンタインのチョコを買わなくても

おうちでバレンタインは出来ます♡



今回は吟醸酒を入れてチョコフォンデュを大人向けに作ってみました。
お砂糖を入れないのでカロリーも抑えめです♪

吟醸酒が無くても、日本酒であれば大丈夫です^^
ワンカップのお酒でも案外美味しくなります。





昔買ったチョコフォンデュセットが大活躍(笑)

IMG_8278.jpg


★★★レシピ★★★
<材料>
板チョコレート(ブラック)・・・3枚
吟醸酒(日本酒で可)・・・20ml
豆乳・・・30ml

季節のフルーツ・・適量

<作り方>
1.板チョコと吟醸酒をボウルに入れて湯煎で溶かす。

2.1.が7割位溶けてきたら豆乳を入れて混ぜていく。

3.全体がまざってポッタリした感じになったらお皿に移す。

4.季節のフルーツを3.に絡めて出来上がり!


ところで、皆さんはいちごの洗い方の順番を御存知ですか?

IMG_8280.jpg

実はヘタを取らない状態で水洗いするのがポイント!

ヘタを取ってから洗うとそこから水分が浸透して
栄養価が薄まってしまうのです。


すっかり冬の風物詩になってしまったいちご。
ビタミンいっぱいで風邪予防になるので
正しく洗って、栄養吸収しましょう^^



o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ウサラビさん
の和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

小林カツ代さんを偲んで。「和塩のスクランブルエッグ」

小学校3年の時に初めてクッキーを焼いてから
お台所に立つことが大好きになりました。

母に教わったり、本やメモを読んだりしながら
ミートソース
グラタン

驚かせたい一心で、母があまり作らない洋食を作っていました。

自分の作ったお料理を家族に美味しいと言ってもらえる幸せは
娘ならではの特権だったのかも知れません。

「家族」をテーマにしたレシピ本では
私は小林カツ代さんの著書が一番好きでした。

サササッと
パパパッと

という表現を用いた走り。
当時は同業者から
「手抜き」
という批判も受けたそうです。

でも、家庭の主婦には違った。

忙しい毎日をいわゆる「時短」で
そしてその上、楽しく作っている小林カツ代さんの笑顔。

料理を楽しむ
という事を教えてくれたのが、小林カツ代さん。

先日の訃報を聞いて

本当に今までありがとうございました。

という気持ちでいっぱいになりました。



生前、テレビで小林カツ代さんがこんなお話をされていました。

「私ね、家で鶏を飼ってるの。で、卵も産んじゃうの。
卵ってね、鶏が産む時にいつも、ちゃんと陣痛があるのよ。
毎回、毎回、痛みを伴って産んでるの。
だから、卵を大事にいただかないとね」

そうだったんだ。

価格の優等生とまで言われて
いつも手軽に買えるイメージの卵。

産みの苦しみを毎日・・なんて
鶏に感謝しないといけないなとその時思ったのです。


小林カツ代さんに敬意と追悼の意を込めて。
今回はシンプルなスクランブルエッグを作ってみました。



★★★レシピ★★★
<材料> 1人分
卵・・・2個
豆乳・・大さじ1
海塩・・・ひとつまみ(わじまの塩を使いました)
黒胡椒・・適量
油(サラダオイル)・・小さじ1程度
マッシュルーム・・1/2個

<作り方>
1.卵をボウルに入れて、豆乳と一緒に泡立て器で混ぜる。
2.全体が混ざったら、海塩と黒胡椒を入れてさらに混ぜる。
3.フライパンをあたためて油を入れて、2.を全体に流し込む。
4.火力は弱火にして木べらでゆっくり混ぜていく。
5.トロトロになったら火を止めて予熱で暫く温める。
6.仕上げにスライサーでおろしたマッシュルームを乗せる。


マッシュルームすりおろしの技は、神谷町のトスカーナ
四様シェフから教わりました。
↓こちらの記事からどうぞ↓
http://dobamiyu.blog.fc2.com/blog-entry-370.html

生のマッシュルームの薫りは最高!卵と合います。
そして今回も使用した、わじまの塩が全体を引き締めてくれて
いい仕事をしてくれます!

IMG_8262.jpg


素材に感謝すること。
楽しく作ること。

私なりに受け継いで行きたいと思います。



o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

ウサラビさん
の和食器で撮影しました♪
o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。