和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ一時お引っ越しのお知らせ

ブログを一時移転いたします。

まだ使い勝手の関係で戻ってくるかも知れませんが・・・


しばらくはこちらで御覧くださいますよう、お願い申し上げます、

お引越し先はこちら 
http://ameblo.jp/hananiwaherb/


引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます(^O^)

スポンサーサイト

【最終回】パワースポット「伊吹山で和ハイジ」その3.

パワースポット「伊吹山で和ハイジ」その1.はこちら>>

パワースポット「伊吹山で和ハイジ」その2.はこちら>>

お届けしております伊吹山の情報、今回で最終回です。
とは言え、また登りますので!^^

さて、これは何のソフトクリームでしょう。
チョコにしては薄い色、小豆より色合いが茶色いし・・・


これ、薬草ソフトです!
薬草と聞くと・・

苦い

美味しくない

というイメージがつきもの。

なので、食べる方も恐る恐る(笑)

でも、美味しかった!苦くない!

なんかね、きなこアイスみたな感じでしたよ。

黒豆が入ってるからかなぁ。
013.jpg

お友達の恵さんが食べたのは、ヤギ乳アイス。
ペーターもビックリ!

味はミルクっぽくなくサッパリしていたそうですよ。
011.jpg

やぎ工房may!may!・・なんて可愛いところで作ってるんですね。

伊吹山山頂駐車場には「スカイテラス」というドライブインがあり
ここで軽食を食べることが出来ます。

バスを降りてすぐ
腹ごしらえをしたのが

伊吹うどん
2014081301.jpg
かまぼこの模様が可愛い♡
これから丘を登るので、消化の良いうどんにしましたが

実は、伊吹山は蕎麦発祥の地。
ここから、全国に広まったそうです。

ここだけに咲く花、ここだけにある空気

05kirinsounotsubomi_2014081809044209e.jpg


05kirinson_20140818090440bd0.jpg 

02IMG_0945.jpg 

01IMG_0943.jpg 



04IMG_1041.jpg




03IMG_1041.jpg 


全てに癒され、パワーを貰いました。


今まで、あまり地方に出掛けることが出来なかったのですが

これからは色々な文化に触れていきたいと強く思いました。





ちなみに
伊吹山固有種も多いので、普通の植物図鑑よりも「伊吹山」に特化したガイドブックがオススメです。
yakubook.jpg

「これ、何?」
「この花は?」

という会話が1分置きに繰り広げられますので(笑)

水野先生、ありがとうございました。
ハンドブックだと持ち歩きやすいので助かりました。

今度、もし行けたら秋の伊吹山も登りたいと思っています。
で、今回は弾丸強行日帰りだったけど

温泉行って、白洲正子さんが愛した石塔寺にも寄って
それから名古屋でひつまぶし食べたいな。

・・・とどうしても興味が食に入ってしまうのは一生続くようです(笑)



余談ですが・・・

名古屋モーニングデビューしました。朝から美味しいものばかり食べてましたね。
20140081300.jpg




ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



パワースポット「伊吹山で和ハイジ」その2.

パワースポット「伊吹山で和ハイジ」その1.はこちらから御覧ください>>

伊吹山の山頂は初秋の気配。
カワラナデシコが美しい。
09kawaranadeshiko.jpg

これから9月になると一面に咲く、ナラサンショウマ
07sarashinashouma.jpg

その他の植物も秋支度。

線香花火のようなシシウド。
01IMG_0998.jpg

蕾を付けた、フジテンニンソウ。
08fujitennninsou.jpg


私が伊吹山に特別の思い入れがあるとその1.でお伝えしましたが
植物が好きというだけでなく、その神秘性にも凄く惹きつけられています。

遠くに見える琵琶湖を背に立つ、芭蕉の句がありました。
奥の細道は伊吹山のふもとにある、今の大垣市が結びの地となっています。

松尾芭蕉は伊吹山のその美しさをこんな句に残しています。



「月の力を借りなくても、伊吹山はそのままの姿で十分美しい」

歴史的歌人をも魅了させた伊吹山ですが

元々、多くの薬草が自生している所で奈良時代から天皇家の薬草を調達していた歴史も有り
また、織田信長がポルトガル人の宣教師に多くの薬草を植えさせたという
歴史も。そして現在でもここに280種類の薬草が自生しているのだとか
お山丸ごと薬箱ですね。


そして、名前に「イブキ」と名がつく植物や、伊吹山の特産種もたくさんあります。

イブキコアザミ
秋に花を咲かせます。
02ibukikoazami.jpg

イブキトリカブト
キンポウゲ科の猛烈な毒草。
とは言え、
漢方治療ではこの塊根を使っていますので
「生かすも殺すもトリカブト」という言葉があるそうですよ。
ibukitorikabuto_20140816114323dfb.jpg

イブキジャコウソウ(シソ科)の群生。

和のタイム。魚料理に合います。
私もベランダで育てていますがこんな立派にはなりません^^;
03ibukijakousou.jpg

ミヤマコアザミ
キク科
ノアザミに比べて背が低くて刺が多め。
これも伊吹山の特産種です。
06azami.jpg


伊吹山の神秘にも触れてみましょう。

伊吹山は大和武尊にまつわる聖地で
「元伊勢」、「伊弉諾神社」、「熊野本宮」、「伊勢」。この五つの聖地を結ぶと
1辺が170kmの巨大な五芒星が現れると言われています。

photo3.jpg
(画像は伊吹山ドライブウェイウェブサイトからお借りしました)

また、春分の日と秋分の日に後光が通る道と言われているレイライン。
伊吹山は、富士山頂から出雲大社とを結ぶ日本のレイライン上の通り道にもなっています。
(レイラインが通る道は、神奈川県高座郡寒川町の寒川神社、富士山頂、山梨県南巨摩郡早川町の七面山、琵琶湖の竹生島、京都府福知山市の元伊勢/外宮豊受大神社、鳥取県の大山から出雲大社)

確かに山そのももの姿、そして頂上の風景、空気、何もかもが神々しかったような気がします。
015IMG_0932_201408140825374ee.jpg


しつこいですが・・あと1回だけ伊吹山についてご紹介をします。
お楽しみに^^

ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。