和ハーブコーディネーターの食卓、12ヵ月。

和ハーブ®と野菜でキレイになる。試合に勝てる。仕事で成功する。ラッキー体質になる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「和ハーブシロップ」たくさん作りました♪

ナチュラルフードコーディネーター、JHF認定和ハーブインストラクター&和ハーブコーディネーターの土橋みゆきです。


楽しみにしていた旅行が延期になり
ちょっとボーっとしていたのですが

こんな日はシロップ作り。
IMG_0331.jpg

梅雨の時期は忙しいのです。

近所に珍しい八重のどくだみも発見。
IMG_0298.jpg

というわけで、ことしは「どくだみ」のシロップにも挑戦してみました。
昨年、作ってみたのですが、自分の納得できるものではなくて断念。

そこで、真鶴のハーブ家庭料理ペンション「ひるさいどはうす」のオーナー、櫻井さんに
アドバイスをいただき、再チャレンジです。

IMG_0311.jpg

葉をよく洗ってから、スライスレモンと一緒に。

IMG_0313.jpg

お砂糖を加えてグツグツ煮込んでいきます。

IMG_0322.jpg

今回は、きび糖で作った見たので、こんな色に^^
このまま2日置きます。

エキスが染みこんだら、葉を取って、クエン酸を加え、またグツグツ♪
瓶に移して出来上がりです♪

今年のは美味しいぞーーー!!

IMG_0335.jpg

赤紫蘇シロップも一緒に。これは2倍濃縮のジュースで毎年たくさん作っています。


梅雨の時期は、買い物も一苦労で
担ぐように階段を登ってキッチンにたどり着きます(笑)

でも、清涼飲料水があまり飲めなくなってしまったので
もう作るしかないんですよ(笑)

あー、今年はどれだけ作ることになるのかしら。


日本の土と水で育った和ハーブたち。
強くてたくましいパワーをシロップに詰めました。
この夏、きっと元気に乗り越えられますね!


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪




スポンサーサイト

アンチエイジング和ハーブドリンク「ナツメティー」

ナツメの実を頂きました。
(彰子さん、ありがとうございます!)

「一日食三棗、終生不顕老」
ナツメを一日食べると、老けない

という言葉があります。
アンチエイジング、美肌効果が高く
薬膳料理でよく使われる素材ですが手軽にドリンクで楽しむことも出来ます。

生薬名は大棗(たいそう)。クロウメモドキ科の果実です。


赤くてキラキラしたこの粒には若返りの要素がいっぱい♪
同じくアンチエイジング効果のある和ハーブ「クコ」も使いました。

s_IMG_7339.jpg

★★★レシピ★★★
<材料> 1人分
ナツメ(ドライ)・・3個
クコの実(ドライ)・・小さじ1程度
きび糖・・小さじ1
お湯・・200ml

<作り方>
1.ナツメ、クコの実、きび糖をカップに入れる

2.お湯を入れて砂糖が溶けるまで軽く混ぜて出来上がり。


ドライのナツメはミネラルが豊富でカリウムをはじめマグネシウム、リン、鉄が含まれることから
漢方医学では、ナツメは血液に栄養を与えると言われています。

IMG_7334.jpg

ちなみに、ナツメヤシはヤシ科なので、別種になります^^


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪




イベントのお知らせ「オレガノの花咲く真鶴で魔女修行 Day2」

都心からたった1時間半のリゾート地、真鶴の丘にある
ハーブ家庭料理ペンション「ひるさいどはうす」

こちらで 7/28(日)に素敵なイベントが開催されます。


その名も

オレガノの花咲く真鶴で魔女修行

真鶴のひるさいどはうすは10年以上前に家族で旅行をして
本格的なハーブ家庭料理に出会い、目覚めさせてくれたきっかけの場所。

IMG_2760.jpg

雑多に咲いているハーブたちが生き生き見えて
畑から見下ろす海の青がキレイで・・・

苦手だったアンチョビが大好物になったのもこの旅行がきっかけでした。

あれから10年・・

今度はこちらで開催されるクレセントムーンさん主宰のイベントに
講師として参加させていただくことになりました。

講師といっても、そんな堅苦しくなく
でも、ハーブや草花が大好きな人には
いっぱい喜んでいただける内容になっています。

そして、皆さんでひるさいどはうすの畑で採れた新鮮なお野菜やハーブを囲んで
交流できる立食パーティーも開催されます。

私のワークショップは日本の夏のビューティーアップ術です^^
92141_photo1.jpg


ハーブというと西洋のものを思い浮かべがちですが
実は日本にも古くから人々が親しまれてきたハーブ(薬草)があります。
和食を食べると心が落ち着くように、
生まれ育った国、日本ならではのハーブを活用して
たった一日で心身ともに健康で涼し気な夏美人に変身する術を伝授します。
ハーブ初心者の方、お一人様でのご参加、大歓迎です。

お申し込みはこちらからどうぞ>>
http://kokucheese.com/event/index/92141/

お一人での参加、大歓迎です。お気軽にどうぞ!

私もよく一人で色んな所に飛びこんでますので(笑)
一緒に色々お話しましょう!

ハーブのことはよくわからないけど、ちょっと興味あるな・・という方も
大歓迎ですよ!!


●場所:神奈川県 真鶴ひるさいどはうす
   (神奈川県足柄下郡真鶴町岩873−24)

●主催者からのお知らせ
・両日ともに、人気講師をお招きしたワークショップを開催します。
・美味しいハーブ料理のランチつき♪です。
・当日は全館貸切となっております。

スローフードムーブメントの発祥地イタリアでは、都会から車で1,2時間ほど
離れた郊外、菜園を併設した農家や個人が経営する小さなレストランで、
新鮮な野菜や食材をふんだんに使った手作りの食事を、自然の風景や鳥の
鳴き声、庭の花やハーブ、菜園の野菜に囲まれて、ゆったりと楽しむ習慣が
あります。忙しい日常を離れ、そんな食事を楽しみませんか?

ハーブティーで魔女を想う。


私は将来「魔女」になりたいと思っています。
「魔女」とは中世ヨーロッパで身体と心に有効な薬草の扱い方を知っていた人たち。

私も小さい頃、お庭で転んで足を擦りむいた時は
植木鉢のアロエをちぎって傷口に擦りこんでいました。

これも、ハーブ療法なのですよね。


さてさて、食欲が少し出てきました。おかげさまで。

助けてくれたのは魔女も愛したハーブティー。



ハーブティーで効能を求めるのであれば、実は水分を多く含む生のハーブより
ドライハーブの方が良いのですが(効能はドライの方が3倍)

フレッシュな緑がゆらゆら揺れる姿はなんとも癒されますよね。
私はこちらの方が好きかも♪


IMG_0763.jpg

今朝は生のローズマリーミント、そして、レモングラスのブレンド。

ローズマリーハーブティーにすると、香りの強さよりは癖が無くて
スッキリした味わい。
ミントはもう気分転換に少し入れるだけで最高にハーブティーを美味しくしてくれます。
そして、レモングラス
レモングラスには消化を促進させてくれる効果があります。
長細い葉っぱは手でちぎってポットに^^♪


IMG_0758.jpg
残ったハーブはこのまま、お風呂に直行~。

ハーバルバスで気持ちもスッキリ。


・・・そして、お風呂上りには飲み残したハーブティーを化粧水にしています^^


お茶だけではなく、そのまま入浴剤、化粧水と
一度に三度美味しいのです♪












ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)

にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



ヘルシー「ささみのミックスハーブ焼き」

仕事帰り、鶏もも肉を買うと重くなっちゃうなぁ~と思って、ささみに^^;
ハーブを両面につけてオーブンで焼くだけです。

シンプルだけど、美味しい。
シンプルが美味しい。

ささみのハーブミックス焼き



★★★レシピ★★★

<材料>4人分

鶏ささみ・・・300g
白ワイン・・・大さじ1
胡椒・・・適量
ハーブ(ドライ、フレッシュどちらでも)
    ・・・ローズマリー、タイム、オレガノ、バジル適量
レモン、またはゆず・・適量

<作り方>

1.ささみの筋を取り、両面に胡椒とハーブをつける。

2.白ワインを全体にかける。

3.180度のオーブンで15分程度焼いて、レモンをかけたら出来上がり。


オーブンによって焼き具合が変わりますのでよく確認してくださいね。
火の通りが悪いときは、ささみにフォークで穴を開けておくといいですよ。



ウサラビさんの和食器で撮影しました♪


ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)

にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。